【緊】今すぐ20万円借りたい!必要な時に即日で借りる方法とは?

今すぐ20万円借りたい時に役立てるべき知識を解説します!

  • 「今すぐ20万円借りたいけど、どこで借りれば良いの?」
  • 「来月のボーナスで一括返済するから、今日中に20万円借りたい!」
  • 「即日で20万円借りたら、毎月いくらずつ返済すれば良いの?」

 

20万円

 

20万円を貸してもらうってなると、友達から借りるのは厳しくないでしょうか?

 

20万円というのは、周りの人に貸してって言いづらい金額です。

 

どこで借りれば良いのかも分からないし、どうやって申し込めばいいのかも分からない…。

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

一般的には20万円というのは大金ですし、そう簡単に借りれるものではありません。

 

しかし、もしもあなたがキャッシングの条件に当てはまる人であれば、今日中に20万円を借りることも不可能ではありません。

 

現金20万円貸し出しOKです

 

親や友達から20万円借りるとなると、かなりの精神的負担を強いられるでしょう。

 

時には罵倒(ばとう)され、ゴミムシのような扱いを受ける事だってありえます。

 

まるで珍獣を見るかのような、汚いものを見るかのような目で見られることだってあるでしょう。

 

同僚に蔑まれる

 

私も一時期、家賃や車のローン、生活費が一気に足りなくなって、20万円弱のお金が必要になった時がありました。

 

最初は、叔父さんにお願いをしようと思い、電話で予定を尋ねてみたのですが…。

 

「金の相談なら乗らないぞ!」

 

以前にも一度、借りたことがあったので、空気を読んで先に拒絶されてしまいました…。

 

その時は、結局踏み切れずにいたキャッシングを利用することにしたのですが、今となってはもっと早く利用すればよかったかなぁと感じている次第です。

 

返済する予定があるのなら、周りの人に頭を下げて決まずい思いをするよりも、サービスとしてお金を借りるほうが便利で気が楽だと感じています。

 

気楽なOLさん

 

もしもあなたも、周りの人には20万円借りづらいと感じておられるのであれば、消費者としてキャッシングサービスを利用してみるのはいかがでしょうか?

 

初めて20万円をキャッシングしてみようと考えている方にとって、分からないこと、不安なことがたくさんあると思います。

 

このページでは、そもそも20万円を即日で借りることが出来る条件が揃っているのかどうか、即日で20万円借りるための具体的な手順についてもご紹介しています。

 

その他にも、初めてキャッシングを利用する人が不安に思いがちな「信用情報に載ることのリスク」や「返済方法や利息の額」、「しつこい勧誘などないのか」といった疑問点、不安点についても解説しています。

 

余計な回り道をしたり、失敗をしたり、する必要のない不安に悩まされたり、そういったリスクを軽減できるでしょう。

 

これから20万円をどうしても借りたいという方は、是非このページをお役立てください。

 

 

今すぐ20万円借りたい時に即日で借りる為の条件とは?

 

20万円を借りる為には最低限の条件というものがあります。

 

消費者金融の審査担当者

 

キャッシング会社も法律に基づいてサービスとして営業されている以上、返済されないリスクを避けるために誰にでも貸すわけにはいきません。

 

お金を貸す為の審査が必ず実施されています。

 

以下では、キャッシング会社がお金を貸す為に必ず実施する審査において、最低限クリアしなければならない条件についてまとめました。

 

本人確認書類の提出が可能

 

キャッシング会社を利用する為には、必ず本人を確認する書類の提出が求められます。

 

運転免許証

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

どこの誰とも分からない人にお金を貸すわけにはいきませんので、これらの書類が準備できない場合には審査の申込が出来ません。

 

上記の書類以外には、以下の書類の提出でも受付が可能となります。

 

  • 保険証+住民票
  • 保険証+公共料金の領収書

 

本人確認書類において、顔写真があるかどうかは非常に重要な要素となっています。

 

なりすましでお金を借りたり、人に名義を貸してあげたりといった不正行為をする人がいるため、顔写真が付いて本人であると確認できるものでないと証明書としての効力が弱くなります。

 

そのため、「保険証のみ」とはいかず、追加で「住民票」や「公共料金の領収書」といった書類も提出が求められます。

 

審査実施が可能な時間に申し込む

 

今日中に20万円を借りたいという場合には、今日中に審査を申込、今日中に審査を終える必要があります。

 

24時間時間制限あり

 

大手の消費者金融においても、2020年現在はITを「活用」した上での「人の手と目」による審査が実施されています。

 

つまり、全て「AIロボット」などIT技術によって審査を実施しているわけではない以上、人が稼働している時間に申し込みをしないと先に進まないということです。

 

審査が進まなければ融資まで進めず、即日での20万円借り入れも不可能となってしまいます。

 

即日での20万円借り入れを希望されるのであれば、キャッシング会社の審査員が稼働している時間に申し込みを入れる必要があります。

 

主に大手の消費者金融であれば、「AM9時〜PM9時」の時間帯が審査実施時間となります。

 

この時間の中で、あなたの審査を実施して結論を出してもらう必要があります。

 

そのため、即日で20万円借りたい場合のタイムリミットは、「遅くてもPM8時までには申込をすること」となります。

 

具体的にどういった流れで申し込みから借り入れまでを行えば良いのかは、「スピーディーな即日融資を実現するための手順とは?(ページ内移動)」で解説しています。

 

即日対応の優良業者を選ぶ

 

今日中に即日で20万円借りたい場合には、即日融資に対応している業者を選ばないことには実現は不可能です。

 

大手消費者金融

 

 

プロミス公式HP≫

即日融資にも対応した初級者の方にも人気のキャッシングサービスです。初回の方には「30日間無利息サービス」が提供されています。メアドとウェブ明細を登録することで、初回20万円の借り入れが30日間無利息で可能となります。

 

SMBCモビット公式HP≫

今すぐ20万円借りたいけど、会社への電話連絡は避けたい…。そんな方には、SMBCモビットのWEB完結サービスがお勧めです。条件を満たせば電話連絡なしでの審査が可能となります。
※申込曜日・時間帯により翌日以降取扱となる場合あり

 

 

「即日融資」と「即日審査」は似て非なるものですので注意しましょう。

 

即日融資は、その日のうちに融資(貸し出し)も可能であるという意味ですが、即日審査は別です。

 

即日審査は、その日のうちに「審査が可能」というだけであって、審査に通過してもその日のうちに融資してもらえるかどうかは別の話です。

 

具体例を出すと、例えば銀行が実施しているカードローンに関しては、即日での融資は不可能となっています。

 

銀行カードローンは、消費者金融よりも利息が抑えられている傾向にあり(消費者金融が18%程度、銀行カードローンは14%程度)人気がありますが、急ぎでの借り入れを希望される場合には選択肢から外れてしまいます。

 

また、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあり、求められる書類や手続きも増えると考えた方が良いでしょう。

 

即日融資に対応している業者を選ぶのであれば、安全な大手の消費者金融を選ぶと安心です。

 

街金や中小消費者金融の中にも、法律を遵守した真っ当な業者がある反面、非合法の闇金業者が紛れているのも事実です。

 

即日での20万円借り入れを希望される場合には、甘い誘い文句にのってアブナイ業者から借り入れしないように注意しましょう。

 

一度借りれば、利息が膨らみ返済不能になってしまうリスクがあるため、注意しましょう。

 

真っ当な業者からの20万円借り入れであれば、法律で守られた利息の支払いとなるため、闇金のような暴利に苦しめられることはありません。

 

参考:返済プランを持つために利息を把握しておく(ページ内移動)

 

在籍確認が可能

 

キャッシング会社では、申し込みがあった時点で必ず信用情報機関に過去の金融履歴の確認が行われます。

 

在籍確認クリアのサイン

 

それと同じく、返済能力を測るために「本当に勤務先に在籍しているのかどうかの確認」もまた、必ず実施されます。

 

今日中に20万円借りたいという方の場合には、この在籍確認がネックになるケースが多いようです。

 

というのも、その日のうちに会社に電話され、あなたが電話に出るか、別の人が出た場合でも「●●は不在です」といった在籍していることが間接的にも証明される必要があります。

 

申込した日が勤務先の休業日だったり、個人あての電話を取り次いでくれない勤務先だったりしたら、在籍確認がクリアできず、審査を進めることが出来なくなってしまいます。

 

キャッシング会社も、個人情報保護がありますので、あなたがキャッシングに申し込んだことを第三者に知らせるようなことは無く、キャッシングの在籍確認だと気づかれないような配慮のもと勤務先に電話を入れられます。

 

どうしても在籍確認が難しい場合や避けたい場合には、審査申込の後にコールセンターに電話を入れて相談してみましょう。

 

場合によっては、急ぎである場合などには「代替手段」にて在籍確認を行うことで審査を進めてくれる場合があります。

 

代替手段としては、勤務をしていることが証明される書類の提出(源泉徴収票、給与明細書など)でクリアとしてくれる場合もあります。

 

 

これらを全てクリアできたからと、必ず20万円を借りれるわけではありません。

 

まずは公式HP上で「簡易診断」を受けてみると、どの程度の借りれるのかの目安を知ることが出来ますので試してみましょう。


 

今すぐ20万円借りられない人の特徴とは?

 

上記の条件をすべてクリアしても、以下の特徴が該当してしまう場合にはキャッシングは難しいでしょう。

 

信用情報がブラック化している

 

キャッシング会社に限らず「貸金業法」を順守して営業している貸金業者にとっては、過去の金融履歴というのは審査する上で非常に重要な情報となります。

 

過去の金融履歴

 

貸金業法でも、審査の際に必ず信用情報機関を参照するようにと義務付けられています。

 

貸金業法第十三条(外部ページ)】貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない

 

過去に金融事故を起こしている利用者に関しては、真っ当な業者であればまず審査に通過することはありません。

 

  • 延滞
  • 滞納
  • 強制解約
  • 債務整理
  • 自己破産 など

 

あなたがこれらの異動情報に該当される場合には、キャッシングでの20万円借り入れは厳しくなるでしょう。

 

総量規制の限界まで借り入れしている

 

同じく貸金業法によって、過剰貸し付けを予防するために「総量規制」と呼ばれる規制が存在します。

 

総量規制を確認する審査官

 

第十三条の二(過剰貸し付け等の禁止)(外部ページ)】貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

 

これは年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないというルールになっており、このルールに違反する場合にはキャッシングができなくなります。

 

例えば、あなたの年収が300万円だったとして、借り入れできる限度額が100万円までとなります。

 

その状態で、すでに他社から100万円の借り入れをしている場合には、別の貸金業者からは1円たりとも借り入れをすることが許されないというルールです。

 

20万円を今日中に借りたい場合には、年収の3分の1となる金額枠に20万円が残っていること、ここでいえば借り入れが合計で80万円までであることが条件となります。

 

ちなみに、総量規制の枠の中であれば必ず借りれるというわけではありません。

 

キャッシング会社では審査の上、総量規制の範囲内で独自に限度額が設定されます。

 

つまり、総量規制上は100万円借りる枠があるとしても、キャッシング会社の利用の際には限度額が30万円に設定されることもあるということです。

 

 

というより、初めての利用者の場合などは、多くの場合が10万円から30万円といった限度額に設定されることが多いことを覚えておくと良いでしょう。

 

返済実績を積み上げていく過程で、限度額が徐々に上げられていくのが一般的な流れとなります。


 

20万円を借りた時の返済における注意点とは?

 

20万円を借りた場合には、必ず返済をする必要があります。

 

返済する上で、知っておくことで遅延や延滞を起こしてしまうリスクを減らせる情報について解説します。

 

返済プランを持つために利息を把握しておく

 

返済する際には、借りた20万円をそのまま返せばよいわけではありません。

 

当然、借りた日数に応じた「利息」というものを上乗せした形で返済する必要があります。

 

時間とお金

 

そのため、あなたが20万円を借りた場合に「いくら利息が発生するのか」ということを事前に把握しておくことが重要です。

 

闇金などに手を出してしまう方は、この利息の計算を頭に入れず、目の前の20万円に飛びついてしまいます。

 

あとから利息が法外であり、元本の20万円よりも多くの支払いを要求されたりして、その時に初めて「ヤバイ所から借りてしまった」と後悔しては遅いのです。

 

前置きはこのくらいにして、20万円を借りた場合の利息について紹介したいと思います。

 

30日後に一括返済した場合:約2,958円

 

上記の利息額は、大手の消費者金融に多い利息制限法の上限でもある「約18%」で20万円を30日借りた場合の金額となります。

 

つまり、即日で20万円借りた場合の1ヶ月間のレンタル料が、約3,000円ということです。

 

これは1ヶ月(30日間)借りた場合の利息であり、借り入れ日数が長くなればなるほど、利息も多くなっていきます。

 

回数 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
1 68,676円 35,105円 18,335円
2 68,676円 35,105円 18,335円
3 68,676円 35,105円 18,335円
4 - 35,105円 18,335円
5 - 35,105円 18,335円
6 - 35,102円 18,335円
7 - - 18,335円
8 - - 18,335円
9 - - 18,335円
10 - - 18,335円
11 - - 18,335円
12 - - 18,342円

206,028円

210,627円

220,027円

利息

6,028円

10,627円

20,027円

 

上記の返済シミュレーションはあくまで目安となりますが、20万円を長期間借りて返済する場合には上記のようなイメージを事前に頭に入れておくと良いでしょう。

 

忘れるリスクを減らせるお勧めの返済方法

 

返済遅延リスクを減らすためには、自分で振込返済するのではなく、自動で引き落とし返済がなされる「口座振替」を設定しましょう。

 

銀行口座を介しますので、履歴が通帳に残るといったデメリットはありますが、返済リスクを減らせる効果を考慮すればそれを凌ぐだけの価値があるといえます。

 

返済遅延リスクを抑えて、利息も抑える方法としては、以下の返済方法がお勧めです。

 

口座振替+繰り上げ返済

 

通常は口座振替で最低支払額を毎月返済し、余裕があるときは別途「繰り上げ返済」としてATMやインターネットから返済をするのが良いでしょう。

 

滞納した場合のリスクを把握しておく

 

返済に遅れてしまえば、「遅延損害金」として別途返済額が増えます。

 

キャッシングの返済を遅延してしまったサラリーマン

 

通常、大手の消費者金融であれば遅延損害金は「利息20%で返済した日数」に応じて計算されます。

 

仮に20万円を1ヶ月延滞してしまったとしたら、遅延損害金は「約3,287円」となり、元本と利息、それに追加して遅延損害金の支払いが必要となります。

 

また、遅延を繰り返したり、2ヶ月以上の滞納となってしまう場合には、信用情報機関に「異動情報」として記載され、信用情報がブラック化してしまいます。

 

信用情報がひとたびブラック化してしまうと、その情報は5年から10年間は保持され続けます。

 

この期間、新たにローン契約やクレジットカード契約、割賦契約などは出来なくなるという制限を受けることとなります。

 

ちなみに、「信用情報に載ることだけでもリスクがあるのではないか?」と心配される初心者の方も多いようですので、次で解説してみたいと思います。

 

はじめてキャッシングで20万円借りる人に多い不安点とは?

 

「どうしても20万円借りたいけど、どうしてもキャッシングに抵抗がある…」

 

そんな人も多いのではないでしょうか?

 

借りる必要が無いのなら、それが一番です。

 

しかし、お金が足りないことで近い将来リスクが起こりえるのであれば、安全に借りてそれを回避するのも悪い選択ではないでしょう。

 

信用情報に載ることのリスク

 

まず、信用情報機関の情報は誰でも閲覧、参照できるわけではありません。

 

過去の金融履歴を参照する審査官

 

基本的に信用情報を参照できるのは、「本人」「本人の代理人」「加盟会員」のみとなります。

 

つまりは、本人が承諾しない限りは銀行や貸金業者といった加盟会員以外が閲覧、参照することは認められていません。

 

例えばの話、転職活動の際などに面接官があなたの信用情報を事前に参照しておくことなどは不可能ということです。

 

信用情報にあなた個人の情報が載ってしまうことについてですが、たとえばクレジットカードを持たれている場合には既に情報が載っている状態となります。

 

スマホを分割払いで契約して使っているのであれば、その情報もすでに信用情報に掲載されています。

 

つまり、多くの方が知ってか知らずか、すでに信用情報機関に情報が保管されているということです。

 

これらの情報を踏まえて、キャッシングを利用することで信用情報に申込や返済状況などの記録が載ることに、どれほどのリスクを感じるかどうか?

 

それは個人個人の価値観によるものだといえるでしょう。

 

しつこい勧誘などないのか?

 

闇金など「非合法の業者」であれば、迷惑になる時間帯に訪問や電話連絡など、道徳的にも違反していると言わざるを得ないような対応を受けることもあるでしょう。

 

闇金に苦しむサラリーマン

 

しかし、正規の貸金業者であれば、対応や取り立てに関しても厳しく法律で規制されています。

 

第二十一条(取り立て行為の規制)(外部ページ)】 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

 

勤務先など自宅以外の場所に相当な理由なく訪問することが禁じられていたり、貼り紙や立て看板などの禁止、債務者以外のものに弁済を要求することの禁止など、細かく規制されています。

 

一度借りてしまうと、ひっきりなしに電話がかかってくるような、映画や漫画でみる闇金のようなイメージを消費者金融に対して持たれている方もおられますが、現実的には法律で規制されている以上ありえません。

 

スピーディーな即日融資を実現するための手順とは?

 

大手のキャッシング会社になるほど、手続き方法がたくさん準備されています。

 

これは利用者側からすると非常に便利なことではありますが、初級者にとっては迷ってしまうというデメリットもあります。

 

そこで、ここではどうしても20万円借りたいという初級者のために、どういった手順をとればスムーズに即日20万円を実現できるのか?

 

その具体的な手順や流れについて解説したいと思います。

 

全てオンラインで完了させる方法

 

全てオンラインで手続きを済ませて、最終的にはあなたの銀行口座に着金させるまでの流れとなります。

 

パソコンで20万円キャッシングする

 

  1. 公式HPでオンライン申し込みをする
  2. オンライン上で必要書類の提出をする
  3. 審査待ち(在籍確認や書類審査などが実施されている)
  4. 審査通過通知を受け取る
  5. オンライン上で契約手続き(規約に目を通してチェックを入れなどの作業)
  6. オンライン上で銀行口座へ振り込み依頼
  7. あなたの銀行口座に即時振込(対応銀行であれば)

 

ざっくり流れをご紹介しました。

 

基本はスマホやPCを使って、公式HPの申込フォーム上で手続きを進めていきます。

 

必要書類の提出も、スマホで写真をとってフォーム上から簡単に送信することが出来ます。

 

最後の銀行口座への振り込みですが、対応している銀行であれば24時間365日即時反映が可能となっています。(消費者金融によって対応できる銀行に違いあり)

 

 

例えば、大手消費者金融であるプロミスであれば、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行など他200の金融機関への振り込みが原則24時間対応可能となっています。


 

もっともスピーディーだと考えられる借り入れ手順

 

自宅で完結とはいきませんが、現金20万円を手元に準備したいという場合には以下の手順がスピーディーです。

 

  1. 公式HPでオンライン申し込みをする
  2. オンライン上で必要書類の提出をする
  3. 審査待ち(在籍確認や書類審査などが実施されている)
  4. 審査通過通知を受け取る
  5. 近くの自動契約機へ向かう
  6. 自動契約機で契約手続き→カード発行
  7. 併設されたATMでカードを使い現金を引き出す

 

通える範囲に自動契約機があれば、そこで契約手続きをしてローンカードを即日で発行してもらえます。

 

自動契約機の営業時間は、消費者金融によって違いがありますが、おおむね審査受付時間よりも1時間遅い22時となっているケースが多いです。

 

制限時間がギリギリの場合などには、一先ずオンラインで審査を申込、通過まで手続きを済ませておけば、あとは自動契約機でスムーズに現金引き出しまで終える事ができます。

 

まとめ

 

今日中に20万円借りたい時の条件や手順について解説してきました。

 

20万円即日融資まとめ

 

本人確認書類、審査の制限時間、即日融資に対応した業者を選び、在籍確認をクリアする!

 

大きな流れとしては、この4つのステップをクリアすることで即日で20万円借りられる可能性が高くなります。

 

過去にクレジットカードの返済実績が無い場合には、初回10万円までとなってしまう可能性もありますが、一先ず申込して限度額が20万円に設定できるかどうか試してみると良いでしょう。

 

限度額が10万円とされた場合でも、今すぐ20万円必要だとコールセンターに相談してみると追加書類の提出などの代わりに増額してもらえる可能性もあります。

 

今日中に20万円借りたい方は、間違っても非正規の業者に手を出すことなく、法律で守られた安全なキャッシングサービスを利用するようにしましょう。

 

初級者の方でも安心して利用できる人気のキャッシング会社は以下でご紹介しています。

 

↓初級者にも安心の大手を厳選↓

今なら無利息サービスが実施中です!